「蒼き炎」(石川サブロウ)

明治中期―――。 ある小さな村で2人の赤ん坊が生まれた 一人は地主の長男『川上龍太郎』、もう一人は小作人の長男『大山竹蔵』である。 川上は村の画塾で絵の勉強をし、将来は画家になる事を胸に秘めていた。 いっぽう大山は家の手 … もっと読む

「超新星メギド」(星野之宣)

 シリウスが赤く染まった。 誰もが知る、一等星の変化はその後地球を襲う災厄の予兆だった。シリウスの影に隠れていた赤色巨星が崩壊し、地球にニュートリノの嵐が降り注ぐ…。 巨大な宇宙現象と戦う人類達の戦いを描いた、科学短編。 … もっと読む