「雨の朝サブは」(原作:梶原一騎 劇画:下条よしあき)

春を無為に過ごす若者 志波三郎(サブ)は、反則行為で父の視力を奪い責任を取って ボクシング界を去ったはずの赤尾がボクシング・ジムを立ち上げていたと知って激怒する。 赤尾ジムのボクサーの試合を妨害に訪れた三郎の前に立ち塞が … もっと読む

「蒼き炎」(石川サブロウ)

明治中期―――。 ある小さな村で2人の赤ん坊が生まれた 一人は地主の長男『川上龍太郎』、もう一人は小作人の長男『大山竹蔵』である。 川上は村の画塾で絵の勉強をし、将来は画家になる事を胸に秘めていた。 いっぽう大山は家の手 … もっと読む