「蒼き炎」(石川サブロウ)

明治中期―――。 ある小さな村で2人の赤ん坊が生まれた 一人は地主の長男『川上龍太郎』、もう一人は小作人の長男『大山竹蔵』である。 川上は村の画塾で絵の勉強をし、将来は画家になる事を胸に秘めていた。 いっぽう大山は家の手 … もっと読む

「友よ!龍馬よ!!」(石川サブロウ)

物語の始まりは文久2年11月―――。   筋金入りの尊皇派志士「高杉晋作」は、 同志でもある久坂玄瑞に坂本龍馬を紹介される。 しかし、その印象は決して良いものではなかった。 その頃の坂本龍馬が江戸に戻って来たの … もっと読む

「龍馬の手紙」(石川サブロウ)

慶應三年二月十日―――。 前年、薩長同盟を成し遂げた坂本龍馬は妻お龍と共に下関に到着 長府藩の計らいで、本陣主・伊藤家の一室を間借りし、夫婦水入らずの生活を始めたのだった…。   世界を常に見据えて … もっと読む

「へのかっぱ」(石川サブロウ)

『やれやれやっとついたか』 駆け出し漫才師「コースケ・ピースケ」の二人は、 営業のため田舎の温泉地を訪れていた。 早速、漫才を行う会場の支配人に挨拶に向かう二人。 そこで目にしたのは、一癖も二癖もありそうなエミリーという … もっと読む

「ボクの漫友記」(石川サブロウ)

石川サブロウによる、ぽけまん描き下ろし企画 「ボクの漫友記」の第五章・後輩まんが家との出会いと…迷走者たち が公開されました。 あの有名作品を生み出したまんが家のアシスタント時代を赤裸々に暴かれる!? そして北の大地で待 … もっと読む