「蒼き炎」(石川サブロウ)

明治中期―――。 ある小さな村で2人の赤ん坊が生まれた 一人は地主の長男『川上龍太郎』、もう一人は小作人の長男『大山竹蔵』である。 川上は村の画塾で絵の勉強をし、将来は画家になる事を胸に秘めていた。 いっぽう大山は家の手 … もっと読む

「へのかっぱ」(石川サブロウ)

『やれやれやっとついたか』 駆け出し漫才師「コースケ・ピースケ」の二人は、 営業のため田舎の温泉地を訪れていた。 早速、漫才を行う会場の支配人に挨拶に向かう二人。 そこで目にしたのは、一癖も二癖もありそうなエミリーという … もっと読む