人間によって育てられたクレーンは『刷り込み』により、自分が人間だと思い込んでいるのではないか?と感じた加藤は、様々な方法でクレーンがタンチョウであることを教えようとするのだが―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋6公開!!

nippondoubutuki080_image

  幼鳥に成長したクレーンは、すっかり大きくなり、加藤にタンチョウの舞を見せてくれるようにまで成長した。 ある日、同僚の鈴木先生をクレーンの前に連れて来ると、いつもおとなしいクレーンが興奮したように騒ぎ始める。 … もっと読む

タンチョウの事が学校中に知れ渡り、激怒する教頭先生を校長先生がなだめる中、鳥獣保護員の安藤が訪ねてくる。事情を聞いた安藤は、学術研究のためという名目で許可を申請してみてはどうかと提案するのだったが―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋5公開!!

nippondoubutuki079_image

  タンチョウのクレーンの事が学校中に知れ渡り、校長先生と教頭先生に呼び出されてしまった加藤。 この行いは加藤自身の処分では済まされない問題だと激怒する教頭先生を校長先生がなだめる中、 加藤の前に鳥獣保護員の安 … もっと読む

タンチョウの卵を無事に孵化させることができた加藤。加藤は、このタンチョウに『クレーン』と名付け、飼育をしようとするのだが、ある日学校の生徒達に見つかってしまうのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋4公開!!

nippondoubutuki078_image

  タンチョウの卵を無事に孵化させることができた加藤。 このタンチョウに『クレーン』と言う名前を付け、世話をすることにするのだが、 タンチョウは『特別天然記念物』に指定されているため無許可での飼育は法律で禁止さ … もっと読む

大雨の中から奇跡的に救い出したタンチョウの卵。加藤はあの手この手で、卵を死なせないように手を尽くす。そして数日がたち、加藤は卵から微かな音がすることに気がつくのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋3公開!!

nippondoubutuki077_image

  ある大雨の日、加藤はタンチョウの卵が流されていないか心配になり湿地の様子を見に行くと、案の定湿地は氾濫をおこしていた。   急ぎ巣のある場所に向かう加藤。 日はすっかり沈み、なかば諦めかけていた時 … もっと読む

加藤はある一組のタンチョウの夫婦の観察を日々の楽しみにしていた。ある日、いつものように遠くから確認してみると、そこにはタ卵があったのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋2公開!!

nippondoubutuki076_image

  小学校教師の加藤は、ある一組のタンチョウの夫婦の観察日々の楽しみにしていた。 ある日、いつものようにタンチョウ夫婦の巣がある場所を遠くから観察してみると、 そこには生まれたばかりのタンチョウの卵があったのだ … もっと読む

『道東』と呼ばれる地域には、厳しい冬の間タンチョウの群れが飛来します。教師の加藤はそんなタンチョウの姿や生態に魅せられて、この道東の地に移り住んだのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋1公開中!!

nippondoubutuki075_image

  ニッポンの最東端・北海道の『道東』と呼ばれる地域には、 厳しい冬の間タンチョウの群れが山間から人里近くの野や畑地に飛来します。   小学校の教師の加藤はそんなタンチョウの姿や生態に魅せられて、 こ … もっと読む

ミツバチ達の巣箱のあたりがやけに騒がしいと思い急ぎ向かうと、そこには大きなヒグマの姿がッ!?自分たちが頑張って運んで来た巣箱とハチ達がやられる様をみて、樹里は大声で叫んでしまうのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人12公開!!

nippondoubutuki074_image

  和尚さんの言葉を胸にミツバチ達の所に訪れた樹里。 しかし、ミツバチ達の巣箱のあたりがやけに騒がしいと思い急ぎ向かうと、そこには大きなヒグマの姿があった。   驚き腰を抜かしてしまう樹里は、急いでみ … もっと読む

突如としてあらわれたスズメバチ。樹里は、自分のミツバチがスズメバチに対抗する手段を持たない『セイヨウミツバチ』であることを知らず、ミツバチたちを全滅させてしまうのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人10公開!!

nippondoubutuki072_image

ミツバチの巣に突如として現れたスズメバチ。   樹里は、自分のミツバチ達が『ふとん蒸し戦法』で、勝利できると信じていたのだが、 自分が面倒を見ているミツバチが、布団蒸し戦法が使える『ニホンミツバチ』ではなく、 … もっと読む