加藤はある一組のタンチョウの夫婦の観察を日々の楽しみにしていた。ある日、いつものように遠くから確認してみると、そこにはタ卵があったのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋2公開!!

nippondoubutuki076_image

  小学校教師の加藤は、ある一組のタンチョウの夫婦の観察日々の楽しみにしていた。 ある日、いつものようにタンチョウ夫婦の巣がある場所を遠くから観察してみると、 そこには生まれたばかりのタンチョウの卵があったのだ … もっと読む

『道東』と呼ばれる地域には、厳しい冬の間タンチョウの群れが飛来します。教師の加藤はそんなタンチョウの姿や生態に魅せられて、この道東の地に移り住んだのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」タンチョウの恋1公開中!!

nippondoubutuki075_image

  ニッポンの最東端・北海道の『道東』と呼ばれる地域には、 厳しい冬の間タンチョウの群れが山間から人里近くの野や畑地に飛来します。   小学校の教師の加藤はそんなタンチョウの姿や生態に魅せられて、 こ … もっと読む

ミツバチ達の巣箱のあたりがやけに騒がしいと思い急ぎ向かうと、そこには大きなヒグマの姿がッ!?自分たちが頑張って運んで来た巣箱とハチ達がやられる様をみて、樹里は大声で叫んでしまうのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人12公開!!

nippondoubutuki074_image

  和尚さんの言葉を胸にミツバチ達の所に訪れた樹里。 しかし、ミツバチ達の巣箱のあたりがやけに騒がしいと思い急ぎ向かうと、そこには大きなヒグマの姿があった。   驚き腰を抜かしてしまう樹里は、急いでみ … もっと読む

突如としてあらわれたスズメバチ。樹里は、自分のミツバチがスズメバチに対抗する手段を持たない『セイヨウミツバチ』であることを知らず、ミツバチたちを全滅させてしまうのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人10公開!!

nippondoubutuki072_image

ミツバチの巣に突如として現れたスズメバチ。   樹里は、自分のミツバチ達が『ふとん蒸し戦法』で、勝利できると信じていたのだが、 自分が面倒を見ているミツバチが、布団蒸し戦法が使える『ニホンミツバチ』ではなく、 … もっと読む

広島に帰らずにこの仕事の手伝いをさせてもらえるように両親に頼み込んだ樹里は、父親から巣箱を預かり面倒を見るよう言われる。しかし、そこへ1匹のスズメバチが近づいて行くのを偶然見つけるのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人9公開中!!

nippondoubutuki071_image

『もう少しだけこの仕事を手伝わせて下さい』   広島に帰らずにもう少しこの仕事の手伝いをさせてもらえるように両親に頼み込む樹里。 父親は、そんな樹里に20近くの巣箱を預け、面倒を見るように言いつけるのだった。 … もっと読む

蜂群輸送を手伝い、最後の巣門を開け終えた樹里達。一斉に飛び立つ姿に圧倒された樹里は、姉とともに先に帰る事になるのだったが、帰る日の前日、樹里は花子にある決意を語るのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人8公開!!

nippondoubutuki070_image

蜂群輸送を手伝い、最後の巣門を開け終えた樹里達。   一斉に飛び立つ姿に圧倒された樹里は姉の花子と共に、両親と兄より先に帰る事になるのだったが、 帰る日の前日、樹里は花子にある決意を語るのだった―――。 [漫画 … もっと読む

初めての蜂群輸送を手伝い、ミツバチに対して少しずつ関心を持ち始める樹里。そして一行は更に北上し、蜂群輸送最後の地であり、養蜂家としての旅の始まりの地でもある北海道に辿り着くのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人7公開!!

nippondoubutuki069_image

無事に青森までの蜂群輸送を終えた樹里と花子。 樹里は初めての蜂群輸送を手伝い、ミツバチに対して少しずつではあるが関心を持ち始める。   そして一行は更に北上し、蜂群輸送最後の地であり、養蜂家としての旅の始まりの … もっと読む

『蜂群輸送最大の難所』と言われている東京都心を抜け、青森まで目前に迫っていた頃には、樹里と花子の疲れもピークに達していた。そして二人はついに青森に到着するのだった…。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人6公開!!

nippondoubutuki068_image

東京都心―――。 昔自分達の父親も、ここで六十万匹のハチを失った事がある『蜂群輸送最大の難所』である。 その難所をなんとか突破し、青森まで目前に迫っていた頃には、 樹里と花子の疲れもピークに達していた。   そ … もっと読む

なぜリンゴの開花に合わせて、大変な思いをしなくてはいけないのかと疑問に思う樹里。花子は青森に着いた時、樹里にも理解できると言うのだが…。そして一行は『蜂群輸送最大の難所』に差し掛かろうとしているのだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」花追い人5公開!!

nippondoubutuki067_image

  照りつける太陽と交通渋滞―――。 様々な問題が樹里と花子、蜂群を襲う!!   そんな中、自分たちはなぜリンゴの開花に合わせて、こんな大変な思いをしなくてはいけないのかと疑問に思う樹里。 花子は、青 … もっと読む