ヒグマと大きな犬(?)との壮絶な戦いの現場後で偶然出会った子犬と竜郎。竜郎は、どうにかして犬嫌いのじい様に飼っていいという許可をもらうために色々試してみたのだが…。本庄敬・「ニッポン動物記」最後のオオカミ4公開!!!

nipponndoubutuki047_image

森で偶然出会った竜郎と、家族と死に別れてしまった子犬(?)。 こっそり家に連れて行ったが、犬嫌いのじい様に犬を飼うような贅沢は出来ないと、こっぴどく叱られてしまう。 しかし、竜郎はそれでも子犬と離れることが出来ず、あの手 … もっと読む

ヒグマと相打ちで死んでいる大きな犬に出会った竜郎。その中に死んだ母親の寄り添う子犬の姿を見つける。これが竜郎と彼との出会いだった―――。本庄敬・「ニッポン動物記」最後のオオカミ3公開!!!

nipponndoubutuki046_image

竜郎達が偶然みつけたのは、森でヒグマと相打ちで死んでいる大きな犬の群れだった。 その周りには子とその母親らしき犬がピクリとも動かず横たわっていた。   あまりにも大きな犬を見て、もしかしてオオカミなんじゃないか … もっと読む

竜郎は森の中で遊んでいる最中に崖から落ちてしまう。幸いにも怪我はしなかったのだが、その場所では只事じゃない光景が広がっていたッ!!本庄敬・「ニッポン動物記」最後のオオカミ2公開!!!

nipponndoubutuki045_image

昭和18年。当時戦争中だった日本。 少年だった松沢竜郎は仲間たちと共に森の中で敵国の飛行機を見つけては、 手にしていたお手製の弓で攻撃の真似事をして遊んでいた。   そんななか、竜郎は調子にのって森の崖から落ち … もっと読む

日本ではかつて、『ニホンオオカミ』と『エゾオオカミ』が存在した。昭和18年。この物語はた竜郎と絶滅したはずのエゾオオカミとの出会いと別れの物語である―――。本庄敬・「ニッポン動物記」最後のオオカミ1公開!!

nippondoubutuki044_image

1995年、北海道。   松沢竜郎は娘と孫の英司、愛犬のリキと共に穏やかな日を過ごしていた。 リキに興味津々の英司。 それを見ていた竜郎は、英司にオオカミを知ってるか?と語り出すのだった。   日本に … もっと読む

[完結]必死に高圧電流が流れる柵と地面の間を掘り続けていたスカーフェイスだが、五矢が居眠りから目覚めると、助走をつけて柵を飛び越えようとジャンプするのだった―――!!本庄敬・「ニッポン動物記」完結編のスカーフェイス6公開!!!

nippondoubutuki043_image

必死に高圧電流が流れる柵と地中の間を掘り続けるスカーフェイス。 その前足からは血が滲み、その姿を見つめながらもう諦めろと静かに声をかける五矢。   それでもなお、掘り続けていたスカーフェイスだったが、五矢が居眠 … もっと読む

様々な罠で完璧に養狐場の守りを固める五矢。再度現れたスカーフェイスに対しお手並み拝見とその行く末を見つめる中、スカーフェイスは柵と地面の間を掘り始めるのだった…。本庄敬・「ニッポン動物記」スカーフェイス5公開!!!

トラバサミ、毒入りのエサと罠を仕掛けてきた五矢。 ついには高電圧の柵まで用意してスカーフェイスの挑戦を妨害しようとする。   ある晩、五矢の前に再度スカーフェイスを姿を見せる。 お手並み拝見とスカーフェイスの行 … もっと読む

ついに五矢とスカーフェイスの知恵比べ対決が始まった―――。五矢は数々の悪質な罠を仕掛けスカーフェイスへ挑戦するのだが…。果たしてスカーフェイスの運命やいかにッ!?本庄敬・「ニッポン動物記」スカーフェイス4公開!!!

ついに五矢とスカーフェイスの静かな知恵比べ対決が始まった―――――――。 五矢はまず大量のトラバサミをスカーフェイスの出現場所に用意したのだが、 そこにかかったのはスカーフェイスとは別のキタキツネだった。   … もっと読む

五矢の前に現れたのは、数年前に養狐場で追いはらったアカギツネの姿だったッ!?スカーフェイスと五矢の戦いが静かに幕を開ける!!本庄敬・「ニッポン動物記」スカーフェイス3公開!!!

nipponndoubutuki041_image

五矢の目の前に現れたのは、数年前に養狐場に現れたあのアカギツネだったッ!? そのアカギツネの顔には五矢の手によってつけられた大きな傷跡がしっかりと残り、 その姿を見て、シートン動物記に出てくるスカーフェイスと言われる恐ろ … もっと読む

バブルの崩壊で銀狐の毛皮市場が低落しすっかり落ちぶれてしまった五矢。ある晩、キツネの鳴き声で目覚めた五矢が養狐場へ向かうと、驚きの出会いが待っていたッ!?本庄敬・「ニッポン動物記」スカーフェイス2公開!!

nippondoubutuki040_image

大事な商品である銀ギツネに近づいていたアカキツネに、 鎌を投げつけアカギツネの顔に怪我を負わせることで撃退した五矢。   しかし、五矢を待っていたのはバブルの崩壊による毛皮市場の低落だった。 すっかり落ちぶれて … もっと読む