[完結]病院に急ぎ搬送される浪子。少しづつ弱っていく浪子は幾に自分が女として生まれたから武男に出会えた。幸福だったと伝え息をひきとってしまうのだった。それから1年の時がすぎる—。高見まこ・「不如帰」最終話の第19話公開!!!

hototogisu019_image

武男との偶然の再開をはたす浪子だったが、汽車の中でついに限界がきてしまい京都の病院へ急ぎ搬送されてしまったのだった。 いっぽう武男はいつまでたっても汽車で戻ってこない浪子達を心配し、急ぎ後を追いかける為に汽車に乗るのだが … もっと読む

山科の駅で偶然再開を果たす浪子と武男。しかし、無情にも浪子を乗せた汽車は佐世保へ向かってしまい、その車内で浪子は容態を悪化させてしまう。果たして武男は浪子の元に辿り着けるのかッ!?高見まこ・「不如帰」第18話公開!!

hototogisu018_image

佐世保へ向かう浪子と、浪子の実家へ向かう武男。 二人は山科の駅で偶然再開を果たすのだが、運悪く浪子達の乗った汽車は佐世保の方角へ向かってしまった。   また行き違いを起こさないためにも、山科駅で待つことを選んだ … もっと読む

条件付きで佐世保へ向かう許可をもらった浪子は汽車に乗り、急ぎ武男の元を目指す。しかし、武男もまた戦地に赴く前に浪子に会うため、浪子の実家を汽車で目指していたのだった…。高見まこ・「不如帰」第17話公開!!

hototogisu017_image

浪子達は新聞の戦死者名簿で千々岩の名前を見つける。 中には、武男が元々乗っていた船の船員達の名前も―――。   いつ武男と会えなくなるかわからないと感じた浪子は、 条件付きで佐世保へ向かう許可をもらい、 急ぎ武 … もっと読む

全てを知り自分の迂闊さに後悔する武男。浪にもう一度必ず会いに行くと心に決意し、再び武男が進み出す!!いっぽう浪にもある決意が芽生えるのだった…。高見まこ・「不如帰」第16話公開!!!

hototogisu016_image

佐世保の海軍病院で目が覚めた武男は、生きる気力も出ないまま入院生活を過ごしていた。 そんな時、突然訪ねてきた千々岩によって離縁の話などが全て千々岩に仕組まれたことだと知った武男。   自分の迂闊さに酷く後悔する … もっと読む

敵の砲弾が武男達の船を襲い怪我をしてしまった。うまく体が動かず、意識が朦朧とする中、武男にある異変が起きるのだった―――。高見まこ・「不如帰」第15話公開!!

hototogisu015_image

武男の乗った艦がついに敵と戦闘を開始する。   飛び交う砲弾と指揮官の声のなか、それぞれが持ち場に着き必死に応戦するのだが、 あえなく、敵の砲弾が船に直撃してしまうのだった。   立ち昇る炎と煙の中、 … もっと読む

病状をさらに悪化させてしまった浪子。浪子の実家に向かうが門前払いされてしまった武男。二人の関係を修復できないまま戦争がさらに二人を引き離していってしまうのだった―――。高見まこ・「不如帰」第14話公開!!!

hototogisu014_image

離縁の話を聞かされた浪子は、病状を前以上に悪化させ、 更に後妻に入ったのが川島の娘と言う話を聞いてしまい、ついに倒れてしまう。   いっぽう武男は、離縁の誤解を解くために浪子の実家に向かったのだが、 門前払いを … もっと読む

浪子と武男の知らぬ間に決まってしまった離縁の話。その事実を知らされず実家に向かう浪子と、異変に気がつき急ぎ帰る武男。果たして二人はどうなってしまうのか!?高見まこ・「不如帰」第13話公開!!

hototogisu013_image

浪子と武男の知らぬ間に、千々岩と山本の策略取り決まってしまった離縁の話。   なにも知らずに汽車に揺られて実家に向かう浪子。 いっぽう武男は異変に気が付き、急ぎ川島の家に戻るのだった―――。 [漫画を読む] 高 … もっと読む

戦争の始まりを告げる一通の電報―――。武男は軍に戻る前に浪子のもとにたずね、二人で約束を交わすのだった。いっぽうあの男にも開戦の話知らせが届いていた・・・。高見まこ・「不如帰」第12話公開!!

hototogisu012_image

浪子との離縁の話を出され、激怒する武男。 そんなさなか、戦争が始まりを伝える電報が川島家に届くのだった。 動揺する川島家の人々。 武男は、軍に戻る前に一度浪子のもとへ向かうのだった。   いっぽう、千々岩と共犯 … もっと読む

吐血した浪子は逗子で療養の日々を送る。いっぽう、浪子と武男のいない川島家に千々岩の姿がッ!?果たして千々岩の策略を再度乗り越えることができるのかッ!!?高見まこ・「不如帰」第11話公開!!!

hototogisu011_image

体調を崩していた浪子が吐血したあの日から数日が過ぎた。 逗子で療養の日々を送る浪子は、武男と駆け付けてくれた幾のお陰で、前のような元気を取り戻しつつあった。   いっぽう川島の家には、千々岩が姑の元へ訪ねてきて … もっと読む