「ミッキー&一也シリーズ」(立野真琴)

デビュー作から数年続いた思い出深いシリーズです。初出は『花とゆめ』(1986年2号)でした。 漫画家になれて本当に嬉しくて、無我夢中で描いていました。 今、見ると色々と稚拙な部分があり恥ずかしいのですが、当時の必死さ、リ … もっと読む

「へのかっぱ」(石川サブロウ)

『やれやれやっとついたか』 駆け出し漫才師「コースケ・ピースケ」の二人は、 営業のため田舎の温泉地を訪れていた。 早速、漫才を行う会場の支配人に挨拶に向かう二人。 そこで目にしたのは、一癖も二癖もありそうなエミリーという … もっと読む

「迷子マン」(中山昌亮)

近年はホラー作品を次々と生み出してる中山氏の異色コメディ 主人公正道の”顔芸”は数々のホラーでも魅せた中山氏ならでは! 第1話を読む(7P) 第2話を読む(7P) 第3話を読む(7P) 第4話を読む(7P) 第5話を読む … もっと読む