まんがの現場 第7回ー中山昌亮

01

作画スタッフとは顔を合わせて作業出来るように机を合わせて仕事してます。 僕の席は奥のイワユル誕生日席を陣取ってます。

 

02

アングルを変えて

03

ネーム中の机の上です。 ノートにはプロットが書かれてます。 僕のキタナイ字が読める人は読んでもイイです。

 

04

画業 25 周年をキラ星の様な先生達が祝ってくださいました。 良い気分になりたい時や、気を引き締めたい時に眺めます。

 

05

自宅の「書斎」と呼んでる「引き蘢り部屋」です。 作業場で処理しきれなかった仕事をココでやってます。 椅子がここまでボロボロになっても引退させて貰えず、ゾンビの様相です。

 

Bookmark the permalink.

Comments are closed