村上もとか「旅の描き歩き」中編公開中です!!


ロックな町の原チャリ族 10月のはじめ、フィレンツェから空路、ロンドンに着きました。これから2ヶ月間、イギリス生活です。さて、ここはロンドン市内の大規模マーケットのひとつ、カムデンタウン。ここは特に若者や観光客に人気のマーケットです。まるで信号が変わりしだい一斉にスタートを切りそうな、ずらりと並んだスクーター。実は前輪が無く固定されていて、オープンカフェの椅子として、設置されているのです。最初にこれを見た時は、吹き出してしまいました。最初にこれを見た時は、吹き出してしまいました。強面でタトゥーを入れたデッカイお兄さんがちょこたんとこの椅子に座って、ニコニコと嬉しそうにコーラを飲んでいる姿は何ともユーモラス。こんな椅子、日本にもどこかにありませんかね。

黒い街エジンバラ スコットランドの首都エジンバラへやってきました。重厚で落ち着いた雰囲気の街並みは、いかにもバグパイプの音色が似合います。スコットランドというと、厳しい気候風土を想像するけれど、エジンバラは意外にも暖かく、夏は涼しい穏やかな海洋性気候の地なのだそうです。しかし…それにしても黒い。旧市街の古い建物など、石壁がみな黒く染まっているのです。この黒さがますますこの街の渋い魅力をましていると思いますが。これは、ナショナルミュージアムのレストランの窓からエジンバラ城を眺めたところ。古城の背後、海の方から分厚い雲がせまってきます。まもなく雨が降るでしょう。


tabinokakiaruki_thumnailフランス、イギリス、スイス、イタリア。

村上もとか先生は旅の先々で様々な景色や人との出会いを繰り返す。

ある時はパリ郊外にある友人の貸家でバーベキューを楽しみ、

ある時はサヴォイホテルの窓からビックベンを眺め、

またある時はエーゲ海をクルーズ…

その地に住む人々の姿が漫画家、村上もとか先生の視点で描かれてる「旅の描き歩き」中編、本日公開中です!!

「旅の描き歩き」の前日談にあたる「旅のまえがき」もぽけまんにて同様に公開していますので、合わせてお楽しみください!!!


前日談『旅のまえがき』はこちら


漫画の続きを読む


Bookmark the permalink.

Comments are closed