【リバイバル】星野之宣・「国辱漫画」公開中です!!


「長かったこの日まで……」『連合艦隊司令長官 外浩正の胸には闘志と共に万感の思いが 去来していた』「オモークジー ヨーソー」『日本が米国と戦端を開くきっかけとなったのは 忘れもしない三十年前の事件だった』『ーーーいや三十五年前?四十二年前かもしれない 日本人は歴史認識が曖昧である』

『その年 日本の航空技術を誇示するために神風号が世界一周へ飛び立ったのだ』『しかし バミューダ沖で神風号は米軍機五機に衝突 米軍機は行方不明 さらに有名な白い抹香鯨一頭が犠牲になった』『この時以来”カミカゼ”は恐怖と憎悪の象徴となり ペリー国務長官やいろんな団体が抗議のために日本に押しかけてきた』『ーーー東京ーーー』


漫画家、星野之宣先生が描く「国辱漫画」がぽけまんにて無料公開中!!太平洋戦争開戦時を舞台に、

SFまんが家・星野之宣が描く、シュールな物語。

史実を、皮肉たっぷりに、想像力を働かせて描いた、

星野氏ならではの作品に仕上がっています。


漫画の続きを読む


Bookmark the permalink.

Comments are closed