【リバイバル】石川サブロウ・「龍馬の手紙」公開中です!!


『慶應三年二月十日 前年 薩長同盟を成し遂げた坂本龍馬は妻お龍と共に下関(現・山口県下関市)に到着 当時 長州藩(萩藩の支藩)の計らいはで本陣主・伊藤家の一室を間借りし夫婦水入らずの生活を始めたのだった』「お待ち申しておりましたぞ!坂本殿 お龍殿!!」

「わはは!引っかかったぞ!!」「…帰らせれいただく」「ごめん!」「ちと悪戯が過ぎたぜよ」


漫画家、石川サブロウ先生の「龍馬の手紙」がぽけまんにて無料公開中!!

慶應三年二月十日―――。

前年、薩長同盟を成し遂げた坂本龍馬は妻お龍と共に下関に到着

長府藩の計らいで、本陣主・伊藤家の一室を間借りし、夫婦水入らずの生活を始めたのだった…。

 

世界を常に見据えて様々な事を成し遂げた坂本龍馬とその護衛役であった三吉慎蔵、龍馬の妻・お龍を中心に、

龍馬の最後の生き様を描いた読切作品です。


漫画の続きを読む


Bookmark the permalink.

Comments are closed