石川サブロウ

1974年に『立ち読み厳禁』が第7回手塚賞で佳作となり、同作品で「週刊少年ジャンプ」でデビューする。

以降、「警察犬物語」「北の土龍」「蒼き炎」などの作品を次々に発表。優しく暖かみのあるタッチと筋の通ったストーリー性で多くの読者の支持を集める。

2005年より「ビジネスジャンプ(集英社)」誌上で、タレント・島田洋七の自伝的小説を漫画化した「がばい-佐賀のがばいばあちゃん-」が大ヒット。のち、「ビッグコミック(小学館)」誌に、同名ベストセラー小説を漫画化した「神様のカルテ」を執筆。

「北の土龍」「蒼き炎」「がばい-佐賀のがばいばあちゃん-」 など多数。

Amazon石川サブロウ作品

石川サブロウTwitter

Bookmark the permalink.

One Comment

  1. 初めまして。
    現在50代も後半に差し掛かってる男性です。
    まず、このサイトでは色んな先生方の素晴らしい作品を無料で読ませて頂き、とても感謝致しております。
    中でも石川先生の作品はどの作品も大好きで色々拝見致しておりますが、特に大好きなのはコミックを全巻購入し、未だに何度も読んでる『北の土龍』です。
    関西の生まれ育ちですが、現在、縁が有って北海道に住んでいます。
    今後も心暖まる作品を楽しみに拝見させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です