「友よ!龍馬よ!!」(石川サブロウ)


tomoyoryoumayo_image物語の始まりは文久2年11月―――。

 

筋金入りの尊皇派志士「高杉晋作」は、同志でもある久坂玄瑞に坂本龍馬を紹介される。

しかし、その印象は決して良いものではなかった。

その頃の坂本龍馬が江戸に戻って来たのには、ある人物に会うためだと二人に話す。

 

 

「龍馬の手紙」の舞台を高杉晋作の目線で描いた作品。

坂本と高杉、全く考え方が違う二人が、それぞれの立場から時代に立ち向かう。

友よ!龍馬よ!!

Bookmark the permalink.

Comments are closed