「帰郷」(竜崎遼児)


kikyou_image8年ぶりに戻った故郷の姿は何も変わっていなかった―――

プロ野球選手になった「達也」は、とある理由で野球を引退し、逃げるように五島列島にある故郷へと身一つで戻ってきた。

野球人生を失ってしまった達也に残されていたのは、故郷を去る時に達也を待っていると言ってくれた「美保」ただ一人。

 

久しぶりの故郷と言うことで、小学校からバッテリーを組んでいた「義幸」を始め、高校時代の面々で飲み会を開くのだが、

美保の話題を義幸が振った途端、みんな何かを隠すように動揺をしだしてしまう。

達也が都会に行っていた間に美保の身に一体何が起こってしまったのか!?

帰郷

Bookmark the permalink.

Comments are closed