「ラストマウンド」(竜崎遼児)


lastmound_image元ヨコルトの投手だった『越田』は2軍から1軍上がったその日に大きなヘマをしてしまい、

すぐに2軍に戻され、その年のオフにクビになってしまった。

 

それから3年。

越田はすっかり野球にかかわらなくなり、借金に追われる日々を過ごしていた。

 

ある日、いつものメンツで麻雀した帰りに、街の真ん中にある大きな野球グラウンドを見かける。

そこで越田は、一人の少年が野球の練習をしているのを見かけるのであった。

越田の気まぐれで、その少年に投球のアドバイスをしていたその時、

麻雀仲間が金になる話があると急いでかけてきたのだった。

その内容は、この野球場の権利をかけて野球で勝負すると言うものだった。

 

果たして、越田はこの闘いに勝つことが出来るのかっ!?

ラストマウンド

Bookmark the permalink.

Comments are closed