「ひょぼくれ文左」(石川サブロウ)


hyobokurebunnta_image時は元禄、名古屋城下—-

武門の跡取り息子である「朝日文左衛門」

彼は武術が大の苦手であった。

 

ある日、「庄左衛門」と二人釣りをしていると、

生類憐れみの令の取り締まる御徒目付様と出会う。

 

文左衛門は、その御徒目付様の様子に、なにかあると感じるのだが…。

 

「絢爛豪華」「軽佻浮薄」などの4字熟語が似合う時代「元禄」

そこを生きる文左衛門の青春物語が始まるっ!!

[ひょぼくれ文左]

Bookmark the permalink.

Comments are closed